働ける期間が決まっているので将来が不安定…

期間工の仕事に就く注意点はいくつかありますが、その中でもまず頭に入れておかなければいけないのが期間工は「一定期間」しか働くことが出来ないという点です。いくら待遇が良くても、どれだけのその仕事を気に入っていたとしても、定められた契約期間が終われば期間工としての仕事は終了になります。また次の期間工の求人に募集するという手もありますが、期間工の求人は人気が高いため再就職するのも簡単ではありません。期間工はあくまでも期間限定の仕事で、将来は不安定であるということをしっかりと把握しておきましょう。どうしても期間工の仕事を続けたいのなら正社員登用を目指すという手段がありますが、こちらもそう簡単ではないので期待し過ぎてはいけません。

人によっては住み込み生活にストレスを感じることも

知っている人も多いと思いますが、期間工として工場で働くと職場の近くの寮に住み込んで暮らすことになります。大手メーカーの寮だと快適に暮らせるような環境が整っているようですが、全ての企業の寮が住み心地に優れている訳ではありません。人によっては寮の部屋が合わず、ストレスを感じながら働くことになるかもしれないので注意が必要です。また、お風呂やトイレが他の入寮者と共同のことがほとんどなので、集団生活に慣れていない人は特に不満を感じてしまうかもしれません。そして、この寮生活は契約期間中ずっと続くことになります。仕事内容には満足していても、この寮生活に慣れることが出来ずに退職してしまう人も多いようです。期間工の求人に募集する際には、住み込み生活をしっかりと想定しておくことが重要です。

期間工の求人は、組み立てや運搬作業の他、検品や梱包、倉庫内作業など様々なものがあり、工場の仕事をしたことがない人や、あまり体力に自信が無い人も応募可能なものが多数あります。