機械類の製造現場では部品の組み立てが中心となる

期間工の仕事内容は、勤務先の工場が主に扱う製品の種類によって大きな違いが見られます。たとえば、自動車をはじめとした機械類を扱う製造工場においては、部品の組み立てが中心となり、仕事上で様々な専門スキルや体力が必要となります。こうした現場においては新人の期間工を対象とした集合研修を実施したり、業務の基本マニュアルを用意したりしているところも多くあり、年齢や業務経験に関わらず無理なく作業を進めることが可能です。また、現場で一定の成果を上げた人や、勤続年数が長い人は、リーダーや新人の教育を任されたりすることもあります。そうした中、初めて期間工として仕事を始めるうえで、採用後の具体的な仕事内容について面接時にきちんと確認を取ることが大切です。

食品工場では調理や検品を任されることが多い

菓子類や弁当などを扱う食品工場で働く期間工は、調理や検品などの作業を任されることがあり、丁寧かつ迅速に作業をこなせる人が重宝される傾向が見られます。また、工場によっては箱詰めやシール貼りなどの軽作業もあり、あまり体力に自信が無い人や、子育て中の人も安心して仕事を続けることが可能です。食品工場の操業時間によっては、夜間や早朝などの勤務を命じられることもあるため、勤務先を選ぶうえでじっくりとそれぞれの工場の期間工の勤務体系やシフトについて把握をしておきましょう。その他、食品工場で求められるスキルや経験については、配属先によって異なるため、なるべく自分が得意な仕事を担当できる工場を選ぶことがポイントです。